特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ「治療最前線」を再訪 スタッフと経営に残された傷あとと第2波への備え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
消毒を終えたB病棟について説明する小林滋病院長。防護服を着脱するスペースに置いてあったチェック用の鏡や注意点が書かれた紙は全て片付けられていた=東京都江戸川区で2020年6月12日午前11時16分、吉田卓矢撮影
消毒を終えたB病棟について説明する小林滋病院長。防護服を着脱するスペースに置いてあったチェック用の鏡や注意点が書かれた紙は全て片付けられていた=東京都江戸川区で2020年6月12日午前11時16分、吉田卓矢撮影

 緊急事態宣言が全国で解除されてから1カ月近くが経過した。さまざまな経済活動が再開される中、新型コロナウイルス感染患者の治療に当たった病院も、通常の診療体制に戻りつつある。4月に「治療最前線」として取材した東京都江戸川区の東京臨海病院を再訪すると、通常外来診療を再開する一方で、「第2波」への備えも進めていた。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3595文字(全文3769文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集