「古文書 見るだけから手元で触れて」 解体新書など複製販売 富士ゼロックス京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「外国言付初編」(複製)の表紙=富士ゼロックス京都提供
「外国言付初編」(複製)の表紙=富士ゼロックス京都提供

 富士ゼロックス京都(京都市中京区)は、これまでに手掛けた古文書などの「複製」の販売を始めた。「文化財は“遠くから見るだけ”から“手元で触れる”へ」がコンセプト。現時点では8点だが、順次200点程度まで増やしていく。

 販売するのは、日本語と英語をひらがなで並べて書いた単語帳「外国言付(ことつけ)初編」(1850年ごろ)▽伊勢物語の歌209首を題材にした「伊勢物語御歌かるた」(同志社大所蔵、江戸時代)▽杉田玄白らが1774年に日本で初めて刊行した解剖書「解体新書」(東京・国…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集