メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知人女性の傷害致死 初公判で2被告が否認「罪になると思わなかった」 名古屋地裁

名古屋地裁=名古屋市中区で、川瀬慎一朗撮影

 知人女性を暴行して死なせ、遺体を愛知県豊田市の山中に遺棄したなどとして傷害致死と死体遺棄、窃盗の罪に問われた名古屋市中区、無職、石川一代(35)と同県稲沢市、清掃作業員、門田典子(38)の両被告の裁判員裁判の初公判が22日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)で開かれた。石川被告は起訴内容を否認。門田被告は傷害致死罪のみ否認した。

 検察側は冒頭陳述で、両被告は2019年2月、石川被告と同居していた犬飼幸子さん(当時31歳)の手足を針金で縛って殴る蹴るなどしたり、真冬のベランダに閉め出したりする虐待を日常的に加えていたと指摘した。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです