メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

コロナ禍で人気のバーチャルマラソン。時間や場所を問わない楽しみ方

情報提供:アズリーナ

新型コロナウイルスの影響で、様々なスポーツイベントは中止を余儀なくされている。そんな中で人気を博しているのが、アプリを使用して行なう「バーチャルマラソン」だ。最大の魅力は、時間や場所に縛られず、気軽に全国のランナーと競い合えることだろう。

 

イベントで使用するのは、大会連動型トレーニングアプリ「TATTA」。ランニングポータル「RUNNET」と連動し、走行距離がインターネット上にランキング形式で公開される。

動画引用元:RUNNET channel

 

4月に行なわれた「APRIL RUN 走り込み大会」は、1ヶ月間の走行距離を競う形で開催。参加者は2万7,219人で、男子1位の選手は1512.29キロという記録を打ち立てた。

また、5月29日から6月7日まで行なわれた「1person, 10days, 100km RUN “一人RUNだけど、独りRUNじゃない”」は、10日間で100キロ走破することを目標として開催。こちらも参加者は2万人を超え、7,000人以上が目標を達成した。

 

そのほかにも、都道府県別・年齢別にランキングが分かれる「週末ひとりTATTAマラソン」や、1日の走行距離を競う「TATTA 1DAYチャレンジ2020」など、いずれも個人のやる気を掻き立てるレース内容となっている。

 

初心者でも気軽に挑戦できることから、新型コロナウイルスの終息後も人気を集めるのではないだろうか。また、他の競技でもバーチャルを使ったイベントが増えていくかもしれない。


情報提供:アズリーナ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  5. 「金まみれの選挙」に混乱続く広島県政界 辞めない受領側議員の言い訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです