メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール 上野投手、直球メッセージ 高校総体消えた後輩へ色紙

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校総合体育大会(インターハイ)が中止となる中、ソフトボール日本代表の上野由岐子選手(37)=ビックカメラ高崎=から母校の福岡大付若葉高(旧九州女子高、福岡市)ソフトボール部の3年生に色紙が届いた。「できることを精一杯 できることに感謝しながら」とメッセージが記されており、後輩たちは「言葉が心に刺さりました」と感激し、代替の県大会に向けてラストスパートをかけている。

 5月27日、同校に小包が届いた。中には3年生の部員数と同じ13枚の色紙があり、「こんな感じでいいですかね。私も頑張ります」と書かれたメモが添えられていた。色紙には各部員の名前に「頑張れ!」と書かれ、真ん中には憧れの先輩のサインが。そして裏面にはこんなメッセージが記されていた。「ひとにはできることとできないことがある できないことをなげくより できるひとをうらやむより できることを精一杯 できるこ…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです