メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 海開き、割れる判断 美浜、小浜、おおい、高浜は中止 /福井

開設中止が決まった敦賀市の「気比の松原海水浴場」=大島秀利撮影

 夏の海水浴シーズンを前に嶺南各地の海水浴場で海開きするかどうかの判断が分かれている。美浜町、小浜市、おおい町、高浜町は全海水浴場で海開きしないことになった。若狭町と敦賀市の海水浴場では新型コロナウイルスの対策をした上で海開きする方向の場所がある。背景には、宿泊客が多いか、日帰りが多いかなど各地の事情が影響しているようだ。【大島秀利】

 美浜町では水晶浜など8カ所すべてで海開きをしない方針を決定。同町観光戦略課によると、町内の民宿はもともと原発作業員の利用で成り立っている所が多く、海水浴は日帰り客が多い。海水浴場開設には駐車場の管理や清掃、監視員の配置に加え、新型コロナウイルスの感染リスクもあり、中止に傾いたという。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです