メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号・復興の道標

教訓踏まえ独自事業 佐久市、240区長にスマホ貸与/千曲市、防災無線を携帯で確認 /長野

 昨年の台風19号の教訓を踏まえ、佐久市と千曲市が独自事業を始める。佐久市は市内240地区の区長にスマートフォンを貸し出す。災害発生時に連絡を取ろうにも携帯電話を持たない区長が少なくなく、すぐに連絡が取れなかったケースが多発した反省から、スマホの貸与を決めた。

 市危機管理課は「市民から『水が家の中に入ってきた』などと連絡が来た時、どこで起きたかを聞いて区長の自宅に連絡をしても『外の見回りに行ってしまった』という状況が多く、地域の被災状況の情報共有が遅れてしまった」と明かす。

 スマホを各区長が携帯するようになれば、被災状況をスムーズに共有できたり、重要な連絡を一斉メールで区長に届けたりできるようになる。市はスマホ購入などの事業費約870万円を6月補正予算案に計上した。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです