メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「に志かわ」名古屋2店目 広小路通が「食パン通り」に /愛知

銀座に志かわの新店舗開店前から並ぶ買い物客ら=名古屋市千種区で

 東京の食パン専門店「銀座に志かわ」名古屋本山店が17日、名古屋市千種区の広小路通沿いにオープンした。近年の高級食パンブームを引っ張ってきたブランド店の出店に、開店前から多くの人が列を作った。

 「銀座に志かわ」は2019年4月、オフィス街の名古屋・伏見に初出店し、1日約500本が完売する人気店。市内2店舗目となる今回は住宅地の市営地下鉄本山駅近くに構えた。東京・銀座に1号店を開店して以来、全国100店を目指し、本山店は70号店目。県内では7月、豊川市と半田市で開店する予定だ。

 高級食パン店を巡っては、本山店が出店した名古屋市千種区の1キロ圏内に、大阪市の別ブランド「乃が美」と名古屋発祥の「い志かわ」の路面店も出店している。「銀座に志かわ」オープン初日に開店前から並んだ、近くに住む主婦の清家範子さん(60)は「広小路通りが『食パン通り』になった。普段からあちこちの高級食パンをトーストせず、生で食べる。どこのブランドがおいしいか、食べ比べする楽しみが増えた」と笑顔を見せ、…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです