メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ!博物館

オリンピック記念メダル 岡本太郎の世界観 /愛知

1964年東京大会参加メダル=中京大スポーツミュージアム蔵

 芸術家・岡本太郎は「芸術は爆発だ」の名言で知られる。その岡本がデザインしたオリンピックの記念メダルがある。1964年東京大会や、1972年の札幌大会とミュンヘン大会の三つの記念メダルだ。メダルの表面には、アルファベットで「TARO」の刻印がある。岡本が描く独特の人間の姿と、その人間が生き生きとスポーツをするダイナミックなデザインに、私たちは心奪われ、その世界観に魅了される。

 東京大会のメダルは、選手・大会関係者全員に与えられる「参加メダル」だった。月桂樹をくわえた鳥が大きな翼を広げ、その下で選手が躍動する姿が表現された。一方、スキー板をつけ、ストックを持つスキー選手や、スケート選手の姿がデザインされたのは、札幌大会の記念メダルだ。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです