新型コロナ 第2波備え、骨子案 三日月知事「県民の意見も」 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナ感染症に対する振り返りについて説明する三日月大造知事=大津市京町4の県危機管理センターで、諸隈美紗稀撮影
新型コロナ感染症に対する振り返りについて説明する三日月大造知事=大津市京町4の県危機管理センターで、諸隈美紗稀撮影

 県は22日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県のこれまでの対応を振り返り、今後の課題などをまとめた骨子案を発表した。三日月大造知事は「今回の経験を生かした感染第2波への備えが必要だ。骨子案を議会や県のホームページで公表して、県民の皆さんの意見を聞きたい」と述べた。

 骨子案は、感染拡大防止策▽医療提供体制▽経済・雇用・生活支援対策▽学校教育――など八つの項目を設定し、これまでの取り組みや課題、今後の…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集