メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「名誉回復及び追悼の日」 ハンセン病資料展 益田 /島根

ハンセン病問題の資料を見る福原孝浩代表=島根県益田市須子町で、竹内之浩撮影

 22日の「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」に合わせ、益田市人権センター(須子町)でハンセン病問題の資料展が始まった。市内の市民団体「市民活動養成塾」の主催で26日まで。

 「名誉回復及び追悼の日」はハンセン病患者への差別を生んだ国の強制隔離政策に対する反省から国が2009年に制定。会場…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  2. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです