メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベラルーシ 大統領選、対抗馬拘束 政敵排除の指摘も

ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領=ベラルーシの首都ミンスクで2019年11月17日、ロイター

 8月9日に大統領選を控える旧ソ連のベラルーシで、6選を目指すアレクサンドル・ルカシェンコ大統領(65)の対抗馬とみられていた元大手銀行頭取のビクトル・ババリコ氏(56)が18日、同行への捜査に関する証拠隠滅容疑で捜査当局に拘束された。ロシアのタス通信などが伝えた。政権側は捜査と選挙の関連を否定しているが、新型コロナウイルスへの対応などを巡り、ルカシェンコ氏への不満が高まる中、事前に政敵を排除したとも指摘されている。

 タス通信などによると、ババリコ氏は露国営ガス企業「ガスプロム」傘下のベルガスプロム銀行の頭取を約20年務め、5月に大統領選への出馬を表明し、頭取を辞任した。大統領に集中する権限の分散化や経済の刷新などを訴え、立候補登録に必要な有権者10万人の署名をすでに集めていた。しかし、今月11日に捜査当局が脱税や資金洗浄の疑いで同行を家宅捜索し、幹部ら15人を拘束。ババリコ氏が不正に関与した疑いも取り沙汰さ…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです