メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JPQR受け付け開始 統一QR、足並み乱れ 客囲い込み、ペイペイ自社優遇

 QRコード決済の統一規格「JPQR」が7月中旬にも全国で本格始動する。22日には、利用を希望する店舗のオンライン申し込みが始まった。規格が乱立しているため、どのサービスでも対応できるQRコードを総務省が主導して新設したものの、サービスを提供する各決済事業者には思惑の違いがあり、どこまで普及を図れるか見通せなくなっている。

 QRコード決済には、スマートフォンの画面に表示させたQRコードを店舗で読み取ってもらう方式と、店舗に掲示されたQRコードをスマホで読み取って金額を入力する方式がある。従来は各事業者で使うQRコードは規格が異なり、事業者が違えば読み取ることはできなかった。JPQRは主要事業者のスマホアプリで読み取ることができ、キャッシュレス決済の普及に弾みが付くと期待されている。各事業者独自のQRコードも存続する…

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです