メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国とEU、パートナーかライバルか 香港問題、投資協定…思惑隔たり テレビ首脳会議

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

 中国と欧州連合(EU)は22日、テレビ電話形式で首脳会議を開いた。EU側は、中国が施行を目指す「香港国家安全維持法案」に「重大な懸念」を伝えるなど、国際秩序を巡って独自の主張を貫く中国に自制を求めた。中国の習近平国家主席は「中国の存在は脅威ではなく、チャンスだ」と強調し、米中対立の激化をにらんでEUとの関係強化を図ったが、互いの思惑のずれが目立つ結果となった。

 習氏と李克強首相が、それぞれミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)、フォンデアライエン欧州委員長らと会談した。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです