メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国とEU、パートナーかライバルか 香港問題、投資協定…思惑隔たり テレビ首脳会議

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

 中国と欧州連合(EU)は22日、テレビ電話形式で首脳会議を開いた。EU側は、中国が施行を目指す「香港国家安全維持法案」に「重大な懸念」を伝えるなど、国際秩序を巡って独自の主張を貫く中国に自制を求めた。中国の習近平国家主席は「中国の存在は脅威ではなく、チャンスだ」と強調し、米中対立の激化をにらんでEUとの関係強化を図ったが、互いの思惑のずれが目立つ結果となった。

 習氏と李克強首相が、それぞれミシェル欧州理事会常任議長(EU大統領)、フォンデアライエン欧州委員長らと会談した。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです