メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新START延長へ作業部会 米露核軍縮高官協議、今夏にも開催 中国は参加せず

米国旗(左)とロシア国旗

 米国とロシアは22日、ウィーンで、今年1月から約5カ月ぶりとなる軍備管理に関する高官協議を行った。2021年2月に期限を迎える米露の新戦略兵器削減条約(新START)延長などを議論。米国のビリングスリー大統領特使(軍縮担当)は23日の記者会見で、具体策を協議する作業部会を発足させたと明らかにし、今夏に高官協議を改めて開く方針を示した。一方で、米国が求めていた中国の協議参加は実現せず、核軍縮を巡る「米中対立」も鮮明となった。

 「中国は現れなかった。今も秘密の壁に隠れて、核の増強を隠している」。ビリングスリー氏は協議が始まる直前、空席のテーブルに中国の国旗が置かれた写真をツイッターに投稿し、参加しなかった中国に批判の矛先を向けた。中国外務省の軍縮局長は「なんと奇妙な光景だ! 中国の同意なしに中国の国旗を交渉テーブルに表示している! 新STARTの延長に幸運を!」と皮肉たっぷりに返信した。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです