特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

緊急事態を生きる

「人工呼吸器で助かる人を優先する」は「命を選ぶ差別」か 医師らの提言の波紋

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染者の治療にあたる医師=奈良県内の医療機関で2020年5月14日、木葉健二撮影
新型コロナウイルスの感染者の治療にあたる医師=奈良県内の医療機関で2020年5月14日、木葉健二撮影

 人工呼吸器など救命医療に不可欠な医療資源が不足した場合にどうするか――。医師、看護師、倫理学者、弁護士らでつくる「生命・医療倫理研究会」の有志が日本で人工呼吸器を配分しなければならなくなった場合の考え方について提言を出している。新型コロナウイルスの感染爆発で医療崩壊が起きたイタリアなどでは具体的な指針が公表されているが、障害当事者などからは「命の選別が行われる」と強い懸念が示されている。感染の第2波が警戒される中で、改めて中心メンバーの竹下啓・東海大学教授に議論の背景や過程を聞いた。【上東麻子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3811文字(全文4075文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集