沖縄慰霊の日・全戦没者追悼式 安倍晋三首相あいさつ(全文)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄全戦没者追悼式で流される安倍首相のビデオあいさつ=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2020年6月23日午後0時28分、徳野仁子撮影
沖縄全戦没者追悼式で流される安倍首相のビデオあいさつ=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2020年6月23日午後0時28分、徳野仁子撮影

 令和2年・沖縄全戦没者追悼式が執り行われるに当たり、沖縄戦において、戦場に倒れた御霊(みたま)、戦禍に遭われ亡くなられた御霊に向かい、謹んで哀悼の誠を捧(ささ)げます。

 先の大戦において、沖縄は、苛烈を極めた地上戦の場となりました。20万人もの尊い命が無残にも奪われ、沖縄の誇る豊かな海と緑は容赦なく破壊され、焦土と化しました。多くの夢や希望を抱きながら倒れた若者たち、我が子の無事を願いながら息絶えた父や母、平和の礎(いしじ)に刻まれた全ての戦没者の無念を思うとき、胸の潰れる思いです。

 今日私たちが享受している平和と繁栄は、沖縄の方々の筆舌に尽くしがたい苦しみ、苦難の歴史の上にあることを、私たちは決して忘れません。沖縄戦から75年を迎えた今、そのことを改めて嚙(か)み締めながら、静かに頭(こうべ)を垂れたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文1029文字)

あわせて読みたい

注目の特集