メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨年のたばこ火災死者35人 過去10年で最多 寝たばこの「無炎燃焼」に注意 東京都

東京消防庁が寝たばこを再現した実験。たばこの火を布団に置いて約30分で、CO濃度は運動能力を失うほどに上昇した=東京消防庁提供

 東京都内で2019年、たばこの不始末による火災の死者が35人に上り、過去10年で最多だったことが東京消防庁のまとめで判明した。半数近くは寝たばこが原因とみられる。寝たばこは炎が上がらない「無炎燃焼」になりがちで、火災に気づくのが遅れる場合があり、注意を呼びかけている。

 同庁によると、昨年住宅火災で亡くなったのは83人(前年比17人増)だった。約4割の35人(同9人増)がたばこの不始末が原因。うち寝たばことみられるのは…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです