メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国人の子「学ぶ権利」 自治体に委ねられる就学促進 「善意」頼みに限界 格差の恐れも

50音の書き取りを練習する来日間もない児童ら=横浜市中区の日本語支援拠点施設ひまわりで2020年6月11日午前9時28分、成田有佳撮影

 「すべての外国人の子どもの就学機会が確保されることを目指す」。23日に閣議決定された日本語教育の推進に関する基本方針には、義務教育の対象外である外国籍の子どもへの就学促進の必要性が明示された。国が外国籍の子どもの「学ぶ権利」確立の第一歩を踏み出したといえ、関係者の期待は高まる。ただし、日本語担当教師の養成などの推進施策を自治体にも担わせる内容については「自治体間の格差がある」との指摘もあり、課題は残る。

この記事は有料記事です。

残り2113文字(全文2317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです