メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河井夫妻側への1.5億円 二階氏「その先どうなったか追及していない」

自民党の二階俊博幹事長=川田雅浩撮影

[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は23日の記者会見で、公職選挙法違反容疑で逮捕された前法相で衆院議員の河井克行容疑者と妻の参院議員、案里容疑者が支部長を務める政党支部に党本部から提供された1億5000万円について、夫妻側が受領したことまでは把握していると説明したうえで「その先がどうなったかは細かく追及していない」と述べ、使途の詳細を把握していないと説明した。一方で夫妻の議員辞職については「すでに司法の手に渡っていることだから成り行きを慎重に見守っていきたい」と述べるにとどめた。

 二階氏は夫妻の逮捕前日の17日、記者団に「党本部では公認会計士が厳格な基準に照らして事務的に各支部の支出をチェックしており、買収資金に使うことはできない」と述べていた。【野間口陽】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです