メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校入試、在籍中学校で実施OK 文科省 オンライン面接も選択肢に

文部科学省=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

 文部科学省は、今年度実施する高校入試について新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、受験生が在籍する中学校や受験生の自宅近くにある公共施設を試験会場とすることを認めるとの見解をまとめ、22日に都道府県や政令市の教育委員会に通知した。また、受験生が情報通信技術(ICT)を円滑に使用できる環境にあることなどを条件に、オンラインによる面接試験も選択肢として示した。

 通常は志望高校が試験会場になるが、それ以外を認めるのは会場や会場に向かう公共交通機関での密集を避ける狙いがある。文科省児童生徒課は「高校側が試験監督を派遣するなど公平性への配慮が必要」と説明し、オンライン面接試験の実施に関しては「本人確認をきちんとすることが大前提だ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです