メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「びわ湖大花火大会」初の中止決定 3密回避困難と判断 滋賀 

2019年のびわ湖大花火大会=大津市京町4で19年8月8日午後8時29分、諸隈美紗稀撮影

 琵琶湖の夜空を彩る夏恒例の「びわ湖大花火大会」について、実行委は23日、2020年の大会を中止にすると発表した。新型コロナウイルスの感染が収束していない中、花火大会は人と人が密集し、「3密」の回避が著しく困難であることなどを考慮した。1984年に初めて開催されて以来、中止は初めて。

 花火大会は毎夏、大津市で開催され、19年に36回目を迎えた。例年、県内外から35万人(主催者発表)が訪れ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. プロ野球・阪神、福留を戦力外の方針 球界最年長43歳

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです