メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

川本 三郎・評『映画の匠 野村芳太郎』野村芳樹/監修

◆『映画の匠 野村芳太郎』野村芳太郎・著 小林淳、ワイズ出版編集部/編 野村芳樹/監修(ワイズ出版/税別3600円)

 よくぞ出版してくれた。

 日本映画界に名匠多しといえども野村芳太郎を忘れてもらっては困る。これまで本が出なかったのが不思議なくらい。

 岩下志麻をスターにした「五瓣の椿」(1964年)、「砂の器」(74年)をはじめとする松本清張原作作品。あるいは渥美清が貧農出身の日本兵を演じた「拝啓天皇陛下様」(63年)。

 代表作は数多い。ミステリ好きにとっては松本清張原作の「張込み」(58年)、ドキュメンタリータッチの「東京湾」(62年)は、日本のミステリ映画のなかの傑作。

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです