メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしの居場所

全ての命に幸せつなぐ 障害をもった子どもの特別養子縁組

奈良市のNPO法人「みぎわ」を通じ特別養子縁組をした聖生を抱く船渡川貴と鈴子=札幌市で(共同)

 初めて対面した「わが子」は予想していたよりも小さく、そしてかわいかった。清らかに生きてほしい。そんな思いを込めて付けた名前は「聖生(せいら)」。札幌市南区の船渡川貴(ふなとがわたかし)(38)と妻鈴子(すずこ)(37)は2年前、当時生後2カ月のダウン症の女児を長女として迎えた。

2倍の祝福

 奈良市のNPO法人「みぎわ」を通じ、特別養子縁組をした。なかなか子どもを授からず、里親になることも考えていた時、障害のある赤ちゃんをあっせんしているみぎわに出会う。

 「障害は特別な手助けを必要としているだけ。人間性や、人間としての価値が失われるわけではなく、生まれてきただけで存在の意味はある。引き取らない理由はなかった」と貴。

この記事は有料記事です。

残り1566文字(全文1876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです