特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

特権を問う

地位協定60年 77年 横浜米軍機墜落 母子犠牲 家族が壊された

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 43年前に横浜市で米軍機が墜落、炎上する事故があった。巻き込まれた母親と幼い2人の子どもが亡くなったが、「公務中」の事故としてパラシュートで脱出した米兵への捜査は進まなかった。米軍関係者に対する多くの特別待遇を定めた日米地位協定は23日で発効から60年。遺族の悲しみが癒えることはない。

全身やけどの3人

 1977年9月27日午後1時過ぎ。厚木基地を飛び立って太平洋上の空母に向かっていた米軍RF4Bファントム偵察機がエンジン火災を起こし、横浜市緑区(現青葉区)の公園脇の道路に墜落した。一帯は爆風で吹き飛び、民家4棟が全半焼した。影響で3人が死亡し、6人が負傷した一方、乗員の米兵2人はパラシュートで脱出し無事だった。

 「もう思い出さないようにしているんだよ」。事故で妻だった和枝さん(当時31歳)、長男裕一郎ちゃん(同3歳)、次男康弘ちゃん(同1歳)を失った林一久さん(74)は、43年前の出来事を心の奥にしまってきた。

この記事は有料記事です。

残り1617文字(全文2029文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集