新型コロナ リモート「伊勢苔玉」教室 「めおと横丁」の体験型観光 TOMOKOさん講師に /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「めおと岩カフェ」内のサテライトスタジオからオンラインスクールで「伊勢苔玉」づくりを指導するTOMOKOさん=三重県伊勢市二見町で
「めおと岩カフェ」内のサテライトスタジオからオンラインスクールで「伊勢苔玉」づくりを指導するTOMOKOさん=三重県伊勢市二見町で

 伊勢市内の森林に自生するコケや山野草で作る盆栽インテリア「伊勢苔(こけ)玉」の手作り体験教室は、同市二見町の観光ショッピングプラザ「伊勢夫婦岩めおと横丁」で人気を集める体験型観光。この教室を遠距離でも受講できるオンラインスクールがスタートする。受講者は、宅配される苔玉づくりの材料を受け取り、手持ちのパソコンやスマートフォンの画面を通して講師からリモートで指導を受ける仕組み。【尾崎稔裕】

 苔玉は、植物の根と土を球状に固めた表面をコケで覆う盆栽の技法。講師は、同市内を中心に活動するキャリア17年の苔玉作家、TOMOKOさん。オンラインスクールは、通常の体験教室が行われている同横丁内「めおと岩カフェ」と受講者をつないで開かれる。受講者は端末の画面で講師の顔や手元を見て、おしゃべりをしながら苔玉づくりを体験する。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1021文字)

あわせて読みたい

ニュース特集