メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/152 オンライン授業 言葉の大切さを意識 /四国

 新型コロナウイルスの影響で休校していた学校は、地域の実態にあわせて、試行錯誤しながら学校再開にこぎつけました。文科省の調査結果によると、6月1日時点で、全国の小学校と中学校の99%、高校の96%が再開していました。その後「新しい生活様式」に対応した学校教育が動き、現在に至っています。しかし、さまざまな課題が浮かびあがってきました。

 例えば、児童生徒が密にならないように教室の座席位置を工夫したり、フェースシールドを使ったりと、涙ぐましい努力を重ねています。感染が広がらないようにと、ビニールシートを教壇前に張った学校もありました。しかし、子どもたちからは黒板が見えないという声があがり、結局撤去したという学校もありました。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです