メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争の記憶、伝え続ける」 長崎市長、沖縄追悼式にメッセージ /長崎

 沖縄戦などの犠牲者を追悼する「慰霊の日」の23日、長崎市の田上富久市長は沖縄全戦没者追悼式にビデオメッセージを寄せ、「沖縄と被爆地はともに戦争の記憶を伝え続ける」と決意を述べた。

 戦後75年の節目となる今年の追悼式典には長崎、広島両市長が招待される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で見送られた。

 田上市長はビデオメッセージで、被爆地と沖縄には共通点があるとし、「想像もしなかった惨劇で罪のない人たちが数多く命を落とし、その惨状の光景は今なお心の傷になっている」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです