連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

就職氷河期世代の支援

 新卒時に厳しい雇用環境に置かれた就職氷河期世代(おおむね1993~2004年卒)に対する政府の支援策が本格化している。政府は3年間で30万人の正規雇用を増やすとの目標を掲げるが、「人材不足の職種にあてがうだけ」「今さら遅い」などの批判もある。どのような支援のあり方が望ましいのだろうか。

スキル向上の機会提供を 本田由紀・東京大大学院教授

 就職氷河期が生まれたのは、バブル崩壊後の不況期に企業が社員の雇用維持を優先し、新卒の採用数を極端に絞ったのが原因だ。当時企業では団塊世代が高賃金の年齢層にいた上、バブル崩壊直前に過剰に新卒を採用して人件費が重くのしかかり、それを削減するため非正規雇用を増やした。「就職できないのは本人の努力不足」という自己責任論がはびこったが、企業側やそれをほぼ放置した政治の責任であるのは明らかだ。これほどの労働…

この記事は有料記事です。

残り4195文字(全文4564文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集