メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

遠隔化は大学の危機 授業の合間にある学び=鈴木英生(専門記者)

門が閉ざされ、人影のないキャンパス=東京都豊島区西池袋の立教大で2020年6月12日、鈴木英生撮影

 「大学という場」が危機にひんしていると思う。新型コロナウイルスの影響で、多くの大学がインターネットでの遠隔授業を余儀なくされている。私と同僚は、4月末、その実態を全国の大学教員100人強に「アンケート」した(5月9日朝刊)。あれから1カ月半。首都圏や関西中心に前期(春学期)をすべて遠隔とした大学も多い。後期以降も、第2波の流行などでキャンパスの再閉鎖はありうる。

 「アンケート」で明らかになった学生や大学間の遠隔授業環境の格差、困窮学生への対応といった課題は、今もそのままだ。そのうえで、私は、キャンパスでの学生生活抜きに大学(特に大規模大学の文系)が成立し続けられるのかを懸念している。

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1871文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです