メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

遠隔化は大学の危機 授業の合間にある学び=鈴木英生(専門記者)

門が閉ざされ、人影のないキャンパス=東京都豊島区西池袋の立教大で2020年6月12日、鈴木英生撮影

 「大学という場」が危機にひんしていると思う。新型コロナウイルスの影響で、多くの大学がインターネットでの遠隔授業を余儀なくされている。私と同僚は、4月末、その実態を全国の大学教員100人強に「アンケート」した(5月9日朝刊)。あれから1カ月半。首都圏や関西中心に前期(春学期)をすべて遠隔とした大学も多い。後期以降も、第2波の流行などでキャンパスの再閉鎖はありうる。

 「アンケート」で明らかになった学生や大学間の遠隔授業環境の格差、困窮学生への対応といった課題は、今もそのままだ。そのうえで、私は、キャンパスでの学生生活抜きに大学(特に大規模大学の文系)が成立し続けられるのかを懸念している。

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1871文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです