メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露、5カ月ぶり協議 新START、中国は参加せず

 米国とロシアは22日、ウィーンで、今年1月から約5カ月ぶりとなる軍備管理に関する高官協議を行った。2021年2月に期限を迎える米露の新戦略兵器削減条約(新START)延長などを議論。米国のビリングスリー大統領特使(軍縮担当)は23日の記者会見で、具体策を協議する作業部会を発足させたと明らかにし、今夏に高官協議を改めて開く方針を示した。一方で、米国が求めていた中国の協議参加は実現せず、核軍縮を巡る「米中対立」も鮮明となった。

 「中国は現れなかった。今も秘密の壁に隠れて、核の増強を隠している」。ビリングスリー氏は協議が始まる直前、空席のテーブルに中国の国旗が置かれた写真をツイッターに投稿し、参加しなかった中国に批判の矛先を向けた。中国外務省の軍縮局長は「なんと奇妙な光景だ! 中国の同意なしに中国の国旗を交渉テーブルに表示している! 新STARTの延長に幸運を!」と皮肉たっぷりに返信した。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです