メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋 藤井、王位も挑戦権 決定戦、永瀬叡王降す

王位戦挑戦者決定戦で初手を指す藤井聡太七段=代表撮影・日本将棋連盟

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)は23日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第61期王位戦の挑戦者決定戦で永瀬拓矢叡王(27)に127手で勝ち、木村一基王位(47)と七番勝負を戦うことになった。藤井は4日に第91期棋聖戦の挑戦者決定戦でも永瀬に勝って最年少タイトル挑戦記録を更新しており、二つ目のタイトル挑戦となる。王位戦七番勝負第1局は7月1、2日、愛知県豊橋市で行われる。

 藤井は初めて参戦した王位戦リーグ白組で5戦全勝で優勝。紅組で5戦全勝した永瀬と対戦した。振り駒で藤井が先手番になり、得意の角換わり戦から相早繰り銀で激しい将棋に。ほぼ互角の状況が続いたが、終盤に入って永瀬に疑問手があったようで、形勢は次第に藤井に傾いた。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです