メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富岳は「4冠馬ならぬ4冠機」 スパコン世界一、理研会見

「富岳」の前で記念撮影をする理化学研究所の松本紘理事長(手前)ら=神戸市中央区で23日、大西達也撮影

 世界のスーパーコンピューターの最新ランキングで、理化学研究所と富士通が開発した「富岳(ふがく)」が史上初の4部門で1位となったことを受け、理研の松本紘理事長らが23日、神戸市中央区の理研計算科学研究センターで記者会見した。松本理事長は「(競馬の)4冠馬ならぬ『4冠機』になった。ほっとしたのと同時にうれしい」と喜んだ。

 会見はオンラインで開催。富士通の新庄直樹理事は「新型コロナで部品調達が危ぶまれた時期もあったが、なんとか出荷をつないで(富岳の)搬入を完了できた」と振り返った。松本理事長は今後について「パフォーマンスを上げる余地はある。慢心せずに最大限の性能を引き出す努力を続けたい」と力強く語った。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです