メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 高校入試、中学校でも 文科省、3密回避で校舎利用

 文部科学省は、今年度実施する高校入試について新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、受験生が在籍する中学校や受験生の自宅近くにある公共施設を試験会場とすることを認めるとの見解をまとめ、22日に都道府県や政令市の教育委員会に通知した。また、受験生が情報通信技術(ICT)を円滑に使用できる環境にあることなどを条件に、オンラインによる面接試験も選択肢とした。

 通常は志望高校が試験会場になるが、それ以外を認めるのは会場や会場に向かう公共交通機関での密集を避ける狙いがある。文科省児童生徒課は「高校側が試験監督を派遣するなど公平性への配慮が必要」と説明し、オンライン面接試験の実施に関しては「本人確認をきちんとすることが大前提だ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです