九州の旅客船、4・5月は82%減 夏に向け旅行需要は回復傾向

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
博多港を出る九州郵船のジェットフォイル「ヴィーナス2」=福岡市東区で2019年10月21日、田鍋公也撮影
博多港を出る九州郵船のジェットフォイル「ヴィーナス2」=福岡市東区で2019年10月21日、田鍋公也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大による九州の公共交通事業者への影響は、旅客船事業にも及んだ。九州運輸局が19日発表した4、5月の輸送人員は、旅客船15事業者が前年同期比82%減となり、減少幅は高速バスやタクシーを上回り最も大きかった。一方、政府による移動自粛要請が解除され、夏に向けた旅行需要には回復の動きがある。【石田宗久】

 5月の輸送人員は、九州と関西などを結ぶ長距離フェリーが前年同月比81%減、主要離島航路が84%減、短距離の観光航路が87%減とふるわなかった。運送収入も4、5月は9事業者で80%減少した。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1024文字)

あわせて読みたい

ニュース特集