オリンパス、デジカメ事業をファンドに売却へ 医療分野へ投資加速

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 オリンパスは24日、デジタルカメラなどの映像事業を新会社として分社化し、ファンドに売却すると発表した。9月30日までに最終契約を結び、12月31日までの取引完了を目指す。オリンパスの映像事業は2018年3月期から3期連続で赤字を計上していた。

 売却先は、ソニーのパソコン事業を買収した実績がある投資…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文254文字)

あわせて読みたい

注目の特集