メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアで対独戦勝記念軍事パレード プーチン大統領、5選出馬へ布石

 ロシア各地で24日、対独戦勝75年を記念する軍事パレードが実施された。戦勝記念日の5月9日に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となっていた。ロシアでは憲法改正の全国投票の期日前投票が25日に始まる。愛国心に訴える軍事パレードを直前に実施することで、プーチン大統領は自身の5選出馬に道を開く改憲案への支持を広げたい考えとみられる。

 タス通信によると、この日はソ連軍が1945年に戦勝パレードを実施した日。首都モスクワの「赤の広場」では、プーチン氏が「ソ連の国民が欧州の国々を解放し、ナチズムからドイツ国民を救った」と演説した。その後、約1万4000人の将兵がパレードし、最新鋭の戦車や大陸間弾道ミサイルなども披露された。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです