メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアで対独戦勝記念軍事パレード プーチン大統領、5選出馬へ布石

 ロシア各地で24日、対独戦勝75年を記念する軍事パレードが実施された。戦勝記念日の5月9日に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となっていた。ロシアでは憲法改正の全国投票の期日前投票が25日に始まる。愛国心に訴える軍事パレードを直前に実施することで、プーチン大統領は自身の5選出馬に道を開く改憲案への支持を広げたい考えとみられる。

 タス通信によると、この日はソ連軍が1945年に戦勝パレードを実施した日。首都モスクワの「赤の広場」では、プーチン氏が「ソ連の国民が欧州の国々を解放し、ナチズムからドイツ国民を救った」と演説した。その後、約1万4000人の将兵がパレードし、最新鋭の戦車や大陸間弾道ミサイルなども披露された。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです