メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北の緊張、いったん緩和 北朝鮮が対韓軍事行動計画「保留」 再提起の余地残す

北朝鮮の国旗=ゲッティ

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は24日、朝鮮労働党中央軍事委員会の予備会議が23日に金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の指導の下、テレビ会議方式で開かれたと報じた。会議では最近の情勢を評価し、軍が提起した韓国に対する軍事行動計画を保留したという。韓国の脱北者団体による北朝鮮批判のビラ散布を巡り、軍事衝突の懸念も高まっていたが、緊張はいったん緩和されそうだ。

 ラヂオプレスによると、党中央軍事委の予備会議の開催が確認されたのは初めて。本会議に上程する主要軍事政策の討議案を予備会議で審議したという。「保留」とすることで再び提起する余地を残し、韓国政府への圧力を維持する狙いとみられる。予備会議では「戦争抑止力」の強化策も議論された。核兵器などを指すとみられる。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです