特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 北九州「第2波」1カ月 半数は感染経路不明 つかめぬ原因

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドライブスルー方式で検体を採取する北九州市PCR検査センター=井上卓也撮影
ドライブスルー方式で検体を採取する北九州市PCR検査センター=井上卓也撮影

 北九州市で新型コロナウイルスの感染再拡大が始まってから、23日で1カ月がたった。5月29日に北橋健治市長が「第2波のまっただ中にいる」との認識を示した感染状況は落ち着いたかに見えるが、感染経路不明者は半数近くに上る。北九州市でのみ「第2波」と呼ばれる再拡大が起きた原因は分からないままだ。【奥田伸一、浅野翔太郎】

 5月23日に始まった「第2波」では、新規感染者数が同28日から6月1日まで5日連続で2桁を記録。その後は1桁かゼロの状況が続いている。濃厚接触者全てに広げたPCR検査の「攻め」の姿勢が、感染者の早期発見と一定の歯止めにつながったとみられている。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文544文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集