メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

財政難の京都市「貯金」ゼロ、コロナ対策の補正予算に各種基金充当を検討

改修工事中の京都市役所。市は厳しい財政状況に直面している=同市中京区で2019年2月25日午前11時34分、飼手勇介撮影

 慢性的な財政難が続く京都市で、新型コロナウイルス関連の補正予算案の財源に、市が文化芸術事業向けなどに積み立ててきた各種「基金」の活用が検討されている。予定している総額は約190億円と全体の1割超。財源不足の際に活用される財政調整基金(財調基金)が「ゼロ」という非常事態に、新型コロナ対策で目的外の基金からの運用という「禁じ手」を選択せざるを得ないほど、市の台所事情は苦境に立たされている。

 財調基金は年度により生じる財政の不均衡に対応するため、財源に余裕がある時に積み立てられる。経済情勢の変動や災害など、臨時の財政支出が必要な場合に備える役割があり、家計の「貯金」に例えられる。新型コロナのような予測不可能な事態でも、機動的に財政出動されることが期待され、京都市も2018年度末で約36億円の残高があった。

この記事は有料記事です。

残り1725文字(全文2080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 感染止まらぬ自衛隊 河野防衛相、少人数での会食の禁止も視野

  5. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです