メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「女性や障害者など幅広く意見聞いて」 新型出生前新指針に倫理学者ら「拙速な結論危惧」提言

日本産科婦人科学会の新指針について記者会見で意見を述べる「NIPTのよりよいあり方を考える有志」の柘植あづみ・明治学院大教授(中央)ら=東京都千代田区で2020年6月24日午後1時30分、岩崎歩撮影

[PR]

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)を巡り、実施施設を診療所など小規模な医療機関にも広げる日本産科婦人科学会(日産婦)の新たな指針に関連学会が合意したことを受け、産科医療や生命倫理の専門家らでつくる「NIPTのよりよいあり方を考える有志」は24日、東京都内で記者会見し、「女性や障害者などの幅広い声を取り入れるべきだ」と慎重な議論を求めた。

 メンバーの斎藤有紀子・北里大准教授(生命倫理学)は「学会の合意のみで決まったかのようなあり方は残念。妊婦の不安や葛藤に寄り添える体制をどう作っていくかが重要だ」と訴えた。

 日産婦の新たな指針は、日本小児科学会が認定した小児科医と連携して妊婦を支援することなどを条件に、小規模な医療機関にも実施を認めている。これまで日本小児科学会や日本人類遺伝学会は安易な拡大を懸念して反対してきたが、こうした条件に同意して容認に転じた。

 日産婦は今後、厚生労働省に新指針を報告し、運用するかを正式に決める。運用されれば、NIPTの実施認定施設は現在の109カ所から70カ所ほど増える可能性があるという。

日本産科婦人科学会の新指針について記者会見で意見を述べる「NIPTのよりよいあり方を考える有志」の斎藤有紀子・北里大准教授(左)ら=東京都千代田区で2020年6月24日午後1時36分、岩崎歩撮影

 この日の記者会見には、学者やダウン症児の親ら6人が参加した。有志メンバーの一人、白井千晶・静岡大教授(社会学)は「経済的な問題を抱えた人やシングルマザーなど、さまざまな事情で妊娠に葛藤を抱える人は少なくない。検査の入り口だけではなく、検査後の支援をどう継続していけるかを社会全体で話し合うべきだ」と提言した。

 柘植あづみ・明治学院大教授(医療人類学)は「NIPTを受ける妊婦は、検査前後に相談できる場所や支援先を求めている」と指摘。「今回の新指針がどのように作られたのか、プロセスが不透明。医療界だけではなく、妊婦や障害者、福祉の専門家などさまざまな立場の意見を取り入れていくべきだ」と訴えた。

 有志は17日、「拙速な結論が出されかねない状況を危惧する」としてNIPTのあり方に関する提言をまとめ、国や日産婦などの関連学会に提出。指針を決める議論に妊婦や障害者など当事者を参加させる▽妊婦に情報提供する際は医師の価値観を反映させない▽妊婦の心理や障害者の生活を学ぶ医師研修を充実させる▽検査で異常が見つかった際に妊婦の意思決定を支援する体制を充実させる――ことなどを求めている。

 NIPTは、胎児のダウン症など3疾患の可能性が、母親からの採血だけで妊娠早期に比較的高い精度で分かる。ただし、胎児の異常を理由とした中絶につながる懸念もあり、国内では2013年、専門家のカウンセリングを行うなど施設の認定に厳しい条件を付けて始まった。

 ところが、相談体制が不十分なままに検査結果だけを伝えるなどの認定外施設が急増。高齢出産の増加に伴いNIPTの需要が高まる中、検査の質を保ちながら、希望する妊婦の受け皿をどう確保していくか、日産婦などが話し合いを続けていた。【岩崎歩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです