メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユニクロ柳井氏、京大に100億円寄付 本庶氏、山中氏の研究支援

総額100億円を寄付するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(中央)と京都大の本庶佑特別教授(左)、山中伸弥教授=京都市左京区の京都大で2020年6月24日午後2時42分、福富智撮影

 京都大は24日、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長から、総額100億円の寄付を受けると発表した。ともにノーベル医学生理学賞の受賞者で、本庶佑(ほんじょたすく)特別教授が進める「がん免疫療法」の研究や、山中伸弥教授のiPS細胞を用いた研究に活用する。

 本庶氏の研究には基金が設立され、2030年までの10年間で計50億円が寄付される予定。京大の付属機関に所属するがん免疫総合研究センターが取り組むがん免疫療法の推進のほか、次世…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです