特集

河井夫妻選挙違反事件

19年参院選を巡る大規模買収事件で、河井克行元法相と妻の案里元参院議員の有罪判決が確定。現金を受け取った地方議員に厳しい目が。

特集一覧

河井前法相、参院選公示日に元県議に現金 面識のない支援者にはアポなし訪問

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院選直前の陣営の日程表。克行容疑者が「アポなし」で後援会関係者宅などを訪問していた=平川義之撮影(画像の一部を加工しています)
参院選直前の陣営の日程表。克行容疑者が「アポなし」で後援会関係者宅などを訪問していた=平川義之撮影(画像の一部を加工しています)

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区、自民党離党=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、案里議員と共に逮捕された夫で前法相の衆院議員、克行容疑者(57)=衆院広島3区、同=が、選挙戦が始まる公示日に元広島県議に現金を提供していたことが明らかになった。元県議には2回にわたり計40万円が手渡された。アポなしで面識のない後援会関係者らを回っていたことも判明。東京地検特捜部は、劣勢を挽回しようと焦った克行議員が現金を配って攻勢をかけようとしたとみている。

 参院選が公示された19年7月4日、元県議は同県福山市内のホテルで開かれた案里議員の応援演説会で克行議員と会った。トイレに行こうとすると、克行議員が後ろから付いてきて現金10万円入りの封筒をスーツのポケットにねじ込んだ。元県議は票の取りまとめの依頼だと認識し、現職県議や企業などに投票を呼びかけたことを取材に証言した。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文743文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集