メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手の4市町村、県外からの転入生に自宅待機要請 教委「いじめ避けたかった」

岩手県庁=盛岡市内丸で2019年2月19日、滝沢修撮影

 全国で唯一、新型コロナウイルス感染者が確認されていない岩手県で、4市町村の教育委員会が感染者の多い県外から転校してきた小中学生の保護者に対して一律に登校を2週間控えるよう求めていたことが明らかになった。文部科学省は県教委に「不適切」と指摘し、要請を続けていた各教委は見直すことにした。【山田豊、安藤いく子】

 毎日新聞の取材によると、4市町村は一関市▽奥州市▽洋野町▽九戸(くのへ)村。各教委が3月下旬~4月上旬、登校自粛の要請を始めた。

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1216文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです