メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ時代の子と言わせない 教育変革、立ち上がる教師たち

庄子寛之教諭=東京都調布市立多摩川小学校で2020年6月2日午後4時56分、大島祥平撮影

 「コロナ時代の子どもたちはかわいそうな子だった、と言わせない」。新型コロナウイルスでの長期休校による影響が心配される教育現場で、こんな熱い思いを持って立ち上がった教員たちがいる。こんな時だからこそ学校にできることは何か。学校や地域の枠を超えて新たな授業のカタチを模索する先生たちの姿を追った。

 5月27日夜、ある小学校教員が企画したオンライン会議に全国から1300人以上の教員や教育関係者が集まった。テーマは「6月からの授業の在り方~Withコロナ時代の対話的な学習とは~」。6月から多くの学校で授業が本格再開されるのを前に、同じ問題意識を持った人たちが少なくともこれだけいた、ということだ。

 第1部では、公立小学校の教員たちが、休校中に実践したオンラインの活用事例を紹介、今後の授業のあり方を提言した。

この記事は有料記事です。

残り1965文字(全文2318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです