メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩の橋を渡って

共通の心の中に新鮮さ=和合亮一(詩人)

なぜがあった。

しかしなぜと、

ここにいる誰も、問わなかった。

なぜには答がなかったからである。

 震災や最近のコロナ禍を経験して、心の渇きが言葉に潤されていくことをあらためて実感することとなった。心に留めておきやすいような、例えば金子みすゞや宮澤賢治などの記した、心にふと働きかける短い詩のフレーズが数多くの人々に求められたことは記憶に新しい。長田弘の新刊『誰も気づかなかった』(みすず書房)の帯に「没後五年、詩人がそっと遺してくれた断章を一冊に」とある。断章とは詩や文章の断片のことである。

 福島出身の詩人。母校のとても下の後輩として私は生前に何度か対談をさせていただいた。頁(ページ)を開くと短い詩行が余白と共に語りかけてくれる。静かで親しみ深くて、怜悧(れいり)な印象のあの語り口がそのまま宿っている。「なぜがあった。/しかしなぜと、/ここにいる誰も、問わなかった。/なぜには答がなかったからである。」。詩とは答えのない質問そのものであると、久しぶりにアドバイスをいただいているかのよう…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  4. 襲撃で亡くなったホームレスの生活の跡、フィルムに 長良川の橋の下 8月に写真展

  5. 元看護助手再審無罪「不適切な取り調べなし」 滋賀県警本部長が初めて反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです