メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヨゲンノトリ福を呼ぶ コレラ予言、幕末の日記に登場 煎餅、日本酒…商品化100件超

幕末の日記に記されたヨゲンノトリ=山梨県笛吹市で2020年5月28日午後1時47分、金子昇太撮影

 幕末にコレラの流行を予言した不思議な生き物「ヨゲンノトリ」がいる――。山梨県立博物館(山梨県笛吹市)がその存在をツイッターで紹介したところ、100件超の商品のラベルやロゴに絵が使われるなど人気となっている。シンプルな絵柄でイラスト化しやすく、商品の売れ行きも好調だ。新型コロナウイルスの感染拡大で消費が落ち込む中、思わぬ福を呼んでいる。【金子昇太】

 ヨゲンノトリは、市川(いちがわ)村(現山梨市)の名主、喜左衛門(きざえもん)が1858(安政5)年に記した「暴瀉病流行日記(ぼうしゃびょうりゅうこうにっき)」に登場する。日記によると、この年の夏、コレラで多くの人が亡くなった。ヨゲンノトリは白と黒の二つの頭があるカラスのような姿で描かれ、喜左衛門が聞いた話として「図のような鳥が、去年の12月に加賀国(現在の石川県)に現れて言うことには、『来年の8…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです