大郷町が「防災の日」 昨年台風被害、10月13日に制定 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2019年10月の台風19号で大きな被害を受けた大郷町は、吉田川の堤防が決壊し浸水被害が発生した10月13日を「町民防災の日」と定めることを決めた。防災意識の向上と、被災した経験と教訓を次の世代に継承するのが目的。7月1日に施行される。

 町は、大規模な災害を想定して毎年10月に実施してきた総合防災…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

あわせて読みたい

注目の特集