メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水害を想定訓練、千曲署が初実施 /長野

停電を想定した信号機の電源供給訓練を行う署員ら=長野県千曲市粟佐の千曲署前で

 千曲署は24日、水害を想定した災害警備訓練を初実施した。例年は9月1日の「防災の日」に大地震を想定して訓練を行っているが、昨年の台風19号を受け、水害に事前に備えるため前倒しした。

 署員ら約60人は災害情報をメールで把握して個々の判断で署に集合する「非常参集訓練」で訓練を開始。メールは午前5時20分から20分ごとに3度、大雨による水…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです