メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーム油発電 「今後は取り組まず」 日立造船、株主総会で表明 /京都

 日立造船は23日、大阪市内で開いた株主総会で「事業投資は行わない」として、今後はパーム油発電所事業には取り組まない考えを表明した。今月13日には舞鶴市喜多地区に建設予定だった国内最大のパーム油発電所建設を事実上断念したことを明らかにしている。アブラヤシの実を原料とするパーム油発電については、熱帯雨林を破壊し、自然環境に深刻な影響を与えているとの指摘が出ており、地元住民や環境団体から再生可能エネルギーとすること自体に疑問の声が上がっていた。【塩田敏夫】

 日立造船環境事業本部長の白木敏之常務取締役が、株主で「舞鶴西地区の環境を考える会」代表の森本隆さんの質問に答えた。

 今回の舞鶴・パーム油発電所事業は、元々は日立造船が舞鶴市雁又地区にあった火力発電所を廃炉にしたことからスタートした。市によると、市外に新たな発電所を建設する計画があり、多々見良三市長は市内にパーム油発電所を建設することを求めた「親書」を日立造船に出している。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです